sumatofon-shijo

韓国のサムスン電子が発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比60.1%減の4兆1000億ウォン(39億ドル)で、2011年第2・四半期以来3年強ぶりの低水準となった。
はたしてサムスン電子の不振は、ギャラクシーの新型モデルが失敗したためだろうか? とんでもない。
スマホ全盛時代。ゲーム機や音楽プレーヤーはスマホに“喰われ”ているのか。グラフ化した。
Business Insiderから、最新のスマートフォン・マーケット市場予測が発表された。同社は、2014年のスマートフォン出荷台数が前年比で35%増加し、13億台を超えるだろうと推定している。また、先進国の伸びは減衰傾向となり、中国とインドのような新興国が市場を牽引するとした。
米国では「合法的な大麻」の市場が急拡大しており、そのペースは世界のスマートフォン市場の成長速度を上回る勢いであることが、米ハフィントン・ポストが独自に入手した新しいレポートによって明らかになった。
スマートフォンの成熟へ向かう速度が早く大変です。サムスンだ、アップルだと2強体制に入ってきたスマートフォンが、それで淘汰が始まるどころか、逆に戦国時代にむかうのかと思わせる状況になってきているようです。