sumatorasai

絶滅が心配なサイにとって、久しぶりの明るいニュース。
ボルネオ島で20年ぶりに見つかったスマトラサイ。サイの現状を調査する緊急プロジェクトは、日本からの支援で実現したものだった。
その数、世界でわずか300頭。角を狙った密猟と熱帯林の減少により、絶滅の危機に追い込まれているスマトラサイ。中でもボルネオ島のインドネシア領では、1990年代にすでに絶滅したとされていました。ところが2013年3月、WWFインドネシアなどの調査チームが、20年ぶりにその生存を確認。幻のサイが生きていたというニュースは世界中で話題になりました。