sunoden-nsa

2012年12月1日、私はエドワード・スノーデンからの最初の連絡を受けた。当時はそれが彼からの連絡だとはわからなかったが。
テクノロジー業界は、いわゆる『スノーデン効果』に苛立たされている。というのは、米国家安全保障局(NSA)の元契約業者エドワード・スノーデンにより世界中へのアメリカの防諜行為の広がりが暴露されたことで、企業がアメリカ企業との取引を避けるようになったのだ。最近のグーグル、シスコ、そしてAT&T の海外での後退は、部分的には、このNSAスキャンダルで企業が果たした役割に対する国際的な抗議を原因としている。
米国家安全保障局(NSA)の元契約職員、エドワード・スノーデン容疑者は、ブラジルでのNSAの監視活動について同国議会が捜査を進めていることに関し、協力する意向を示した。しかし、ブラジル政府は17日、亡命を認めることは検討していないと明らかにした。
ハフィントンポスト各国版11月1日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。カナダ随一の大都市であるトロントのロブ・フォード市長が「コカインを使用している映像を入手した」と同市警察が発表しました。
合衆国国家安全保障局(National Security Agency, NSA)を内部告発したEdward Snowdenにメールサービスを提供していたとされる企業が、次のような不吉なメッセージを遺して突然閉鎖した: “私がこの決定に至った経緯をみなさんと共有することは、違法となります。そのことがとても残念です”…
国家安全保障局(NSA)のスパイ活動通報者、Edward Snowdenは、使命をもった男だった。最新のインタビューによると、彼はNSAの暴露を目的に同局と民間契約を結んだ。