supotsu

暴力問題も、事故率の高さも、世界の舞台で柔道が弱体化してきたのも、結局は柔道を支えるための研究開発や指導体制の弱さにほかならないのでしょう。それにこれまでの不祥事でも、また天理大でも事故を隠そうとする隠蔽体質が気になります。それは人の「道」にはずれているわけですが、いったいなんのための柔道なのかという存在理由すら揺らいでいます。
ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)は9月15日、プロ野球新記録となる第56本ホームランを達成した。おめでとう!
2020年夏季五輪の開催都市を決定する国際オリンピック委員会(IOC)総会まであと3日に迫った。IOCに詳しい専門家が9月4日夜、ハフィントンポストに語ったところによると、スペインの首都・マドリードが開催地に選ばれる方向になりつつあるという...
湘南国際マラソンは、最初から、税金を使わないことを大前提に大会を運営してきたし、他の大都市の市民マラソンと比べても、圧倒的に湘南国際マラソンのランナー1人当たりの大会経費が安い。そろそろ税金を使ってのマラソンも限界に来るだろう。
プロ野球のヤクルトスワローズで内野手を務める宮本慎也選手が、今季限りで現役を引退することが8月25日、分かった。朝日新聞デジタルによると、26日に東京都内の球団事務所で記者会見を開いて正式に発表するという。
第95回全国高校野球選手権記念大会は8月22日、阪神甲子園球場で決勝があり、前橋育英が4—3で延岡学園を下し、初優勝を果たした。
『東スポweb』が掲載していた「スパイ疑惑の花巻東に高野連『没収試合もありうる』」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。この記事を読んで私が最初に浮かんだ感想は、「あいまい」「中途半端」というものです。
8月19日に行われた全国高校野球選手権準々決勝、花巻東対鳴門戦で、花巻東の攻撃中に二塁走者がバッターに対して、キャッチャーの構える位置を合図したとして、球審が注意する場面があった。是非をめぐって議論が渦巻いている。
日本陸連の会長を退任したオヤジが国際陸連からモスクワの世界陸上に招待されたため、免疫抑制剤と鞄を持って同行することになりました。(予備の肝臓を持っていくわけではありません!)国際陸連のディアック会長やハンガリーのシュミット前大統領等、オリンピック招致に関与するIOCメンバーとの「意見交換」が主な目的です。
今回は、「ルールを作る」ということについて書いていきたい。どこの野球部にも「ルール」は存在すると思う。試合中、練習中、チーム内で様々なルー ルが決められているであろう。私たち京都成章野球部にも「ルール」があった。