supotsu

監督の説明は?謝罪動画は部員が自主的に行ったとされていたが、実際は監督が立ち会いや指示をしていたことが明らかになった。
調査結果を分析した国際大学の山口真一准教授は「自分が正しいと思っているアスリート像を強要するいわば『オレ理論』」とコメントしている。
佐々木投手はこの日、一人の走者も出さない完全投球を続けたまま8回まで投げ切り、球数は102球だった。千葉打線が抑え込まれ、0-0のまま最終回を迎えていた。
【大谷翔平 最新ニュース】待ち望まれていたホームランがついに。大谷選手は笑顔でベンチに戻ると、チームメイトからカウボーイハットをかぶせられ、ハイタッチを交わした。
グラウンドに立った歴史的な瞬間に、相手チームの一塁手と握手を交わした
ロシア出身の若きカートレース・チャンピオンが、表彰台で「ナチス式敬礼」のように見えるジェスチャーをしたとして批判を浴びている。
佐々木朗希投手、13者連続三振の日本新記録を打ち立てた日に、最年少完全試合の偉業を成し遂げました
韓国プロ野球ホーム開幕戦での一球に、「史上最も優雅な始球式」など反響が広がっています
メジャーリーグが開幕にあわせてエンゼルスの大谷翔平選手が大手誌「TIME」の表紙に登場。「It’s Sho-time」の文字も。