surimairuto

国の原子力規制委員会(NRC)の元幹部で、東京電力・福島第一原原子力発電所事故に係る汚染水対策などに関して様々な助言を行ってきたレイク・バレット氏に御意見を伺った。
福島第一原子力発電所の事故処理、特にその技術的課題に世間の耳目が集まる一方、その地域に住む人々の暮らしについては見過ごされがちである。しかし私には、事故を起こした原子力発電所とともに生きた経験がある。
東京電力が福島第一原発の汚染水問題の解決のために招聘したアメリカの専門家 レイク・バレット氏が、放射性物質を取り除いた汚染水は海に放出する必要があるとの考えを示した。レイク・バット氏はこれに先んじて「スリーマイルの事故よりも複雑」と話している。海に放出とはどのような考えから来たものなのか。レイク・バット氏へのインタビューを紹介する。
東京電力が福島第一原発の汚染水問題の解決のために招聘した米国の専門家 レイク・バレット氏は9月13日、「スリーマイルの事故よりも複雑」と話していることがわかった。