sutoronchiumu

山本太郎参議委員議員がNHKの「日曜討論」に出演し、福島第一原発の事故に関連して、食品中に含まれるストロンチウムの検査が必要だと発言した。
貝の化石の日輪は日射量の詳細な古文書だったことを、東京大学大気海洋研究所の佐野有司(さの ゆうじ)教授と堀真子(ほり まさこ)特任研究員らが発見した。
福島第一原発の汚染水に関して、いろんな誤解をする人がいる。
東京電力福島第一原発の汚染水処理が三月末には終わらず、五月末まで延びることになった。このことについて自民党の行革推進本部で内閣府・経産省からヒアリングをした。すると、どうも話が違う。
東京電力<9501.T>が、福島第1原発の海側にある観測井戸から昨年7月5日に採取した地下水から、1リットル当たり500万ベクレルもの高濃度の放射性物質ストロンチウム90が含まれるとの分析結果を9月12日に得たにもかかわらず、公表が約5か月遅れていたことが分かった。
福島第一原発では9月16日正午ごろ、台風18号の接近に伴う大雨の影響で汚染水タンク周辺の囲いにたまった水を、排水溝を通して海に放出した。放射性物質の濃度が、海への排出基準を十分に下回っているというのが理由だ。