suwajirando-eizu

シセルウェニ地方でPMTCT B+が始まって半年。HIV検査率を高め、2013年から4年間で、2000人以上の妊婦・授乳期の母親にARV治療を開始することが目標だ。さらに将来的には、MSFが緊急援助の役目を終えて、この国に活動を引き継ぐ日、スワジランド国民自身の手で対策が継続される日が待たれる。