taifu19go

四国の高知県では、台風19号が通過した13日午後、美しい二重の虹がかかったという。Twitterには、当時の虹の写真が多数投稿された。
大型で強い台風19号は、10月13日午前8時半ごろに九州南部に上陸。Twitter上には、各地の大雨の様子を伝える画像が投稿された。
台風19号は午後2時半頃、高知県に再上陸。明日(14日)にかけて列島を縦断するように進みそうです。今夜にかけて大荒れの中心は東日本、明日は北日本へと移ります。暴風や高波、大雨に警戒して下さい。
大型で強い台風19号は13日午前8時半頃に、鹿児島県枕崎市付近に上陸しました。このあと台風は次第に速度を上げて、西日本と東日本に接近する見込みです。大雨や土砂災害、暴風、高波などに、厳重に警戒して下さい。
台風19号、今日11日から12日(日)まで、沖縄付近をゆっくりと北上。台風の北側に延びる前線の影響で、九州から近畿は、12日(日)の夕方以降広く雨で、雨脚が強まる。13日(月)、台風はほぼ一日かけて九州から近畿へ。
台風19号は、今日も動きが遅く、沖縄と奄美は今日いっぱい大荒れの天気。明日13日からは速度を上げて東寄りに進む見込み。九州から東北は、台風の接近に伴い、雨と風が急に強まるおそれ。
台風19号は、10月14日午前9時、温帯低気圧に変わった。この台風で、鳥取と愛媛で男性2人が死亡したほか、静岡で男性1人が行方不明になっている。
関東は日曜まで晴れますが、月曜は広く雨。時間が遅くなるにつれて雨・風が強まり、火曜にかけて大荒れに。今のところ火曜の午前中が雨・風のピークとなりそうです。
台風19号は沖縄の南海上にあって比較的ゆっくりとした速度で北上中。今後も北よりに進み12日(日)にかけて沖縄・奄美地方に接近する恐れ。暴風・高波に警戒。
大型で非常に強い台風19号は10日、沖縄の南の海上を北へ進んだ。11日から12日にかけて勢力を保ったまま沖縄・奄美地方に接近し、13日に九州南部に上陸する恐れもある。
台風19号は、あすからあさってに沖縄本島に最も接近し、沖縄は大荒れに。月曜から火曜は九州から本州にかなり接近・上陸の恐れ。各地の台風に警戒が必要な期間をまとめました。
フィリピン海上空にある大型で非常に強い台風19号を、アメリカ航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星「アクア」が、日本時間10月9日午後1時25分に撮影した。
国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士が、台風19号の壮大な姿を写真に収めた。ツィッターに「ここからいくつも台風を見てきたが、これほどのものはなかった」と書かれている。
沖縄と奄美は明日にかけて瞬間的に吹く風は猛烈。速さで表すと特急電車並。九州南部も明日夜から看板が落下する程の風。低気圧通過で北海道も今日は竜巻の発生しやすい状況。
猛烈な台風19号は11日以降、沖縄に接近、13日から14日にかけて九州や本州に上陸の恐れ。2週連続で台風が上陸すれば、10年ぶりとなります。
台風19号が早くも日本へ近づいてきています。本州付近も三連休の天気に影響が出る恐れも。
次の台風19号(ヴォンフォン)が日本の南海上を西進中。今後は向きを北へ変え、本州の南に進んでくる。どうやら台風18号と似たようなコースをたどりそうだ。