taifu28go

名前はそれぞれマンニィ(香港)とウサギ(日本)
自然の猛威に対して、私たちは「備える」ことや「祈る」ことしかできず、何も起らないよう祈った方も多くいらっしゃると思います。今回、「何事もなかった」ことに感謝しながら、改めて自然のなかで生きることを考え、この経験を「糧」にできればと思います。
伊豆大島からのメッセージをうけ、災害時の報道マナーについては今後、問う必要があると感じています。こうしたことは、小規模地域でいつでも起こりうる内容になるため、みなさんに「このようなことが起らないためにはどうしたらよいか」「災害時に知りたい情報はなにか」「災害時に不要だと感じる情報はなにか」を考えていただきたいのです。私自身も、しっかり考えていきたいと思います。
伊豆大島にたとえ今後、改善すべきことがあっても「非難」「批判」は何も生みません。今は「人の命」を優先した行動をとっていただきたい。今後、改善すべき「提案」も緊急でない限り、次の台風が過ぎさり島に平常が戻ってからにしていただきたい。今は目の前の「難」をできるかぎり避けられるよう、考えてください。
非常に強い台風27号は、今週末には西日本や東日本の太平洋側に接近、四国から関東に上陸する可能性も出てきた。朝日新聞デジタルによると、10月に入ってから日本に近づく台風は27号で5個目で、観測史上最多。10月21日には台風28号も発生し、日本に近づく恐れがある。秋になってからも相次ぐ台風。なぜ、今年は日本に近づく台風が多いのだろうか...
10月21日未明、マーシャル諸島付近の太平洋で台風28号が発生した。日本接近の恐れがある27号のあとを追うように西に進む見込み。tenki.jpによると、二つの台風が近づくと、それぞれの動きに影響を与える可能性があり...
週末は都心でも強い雨が降っていました。21日正午現在、台風26号による土砂災害で伊豆大島で亡くなられた方は27人、行方不明者は19人となりました。さらに発生した台風27号、台風28号の襲来を前に、現在も島では懸命な作業が続いています。