#taiji

14週の胎児を死産。女性が分娩室に待機して医師を待つ間に、清掃員が誤ってトイレを流していたという。
リンゴ病は「伝染性紅斑」という疾患の別称で、パルボウイルスB19が原因とされています。小児期が中心の疾病ですが、成人でも罹患することがあるそうです。
お腹のなかいる14週の胎児が、「幸せなら手をたたこう」の歌声に合わせて……
アメリカではおよそ10%の妊婦が、妊娠中も喫煙しているが、最新の超音波技術を使って撮影されたこの画像には、母親の喫煙が胎児の中枢神経系の発達に何らかの障害を引き起こすことを示唆している。
今回も子育て情報サイトcozre(コズレ)に連載中の子育て絵日記4コママンガをご紹介致します。仲良しhitomiさん、メグミさん姉妹が何やら楽しんでいるようです。
9月1日、和歌山県太地町で国内唯一となるイルカ追い込み漁が解禁された。これに合わせて、海外の動物愛護団体らが港で抗議運動を繰り広げている。
実は、我が国は「貧血大国」だ。我が国の妊婦の30-40%が貧血だが、これは先進国の平均である18%とは比較にならず、発展途上国の56%に近い。
海に囲まれた日本では、魚は欠かせない食材です。中でもマグロは、寿司や刺身といった代表的な和食文化の主役を飾る存在ですよね。しかしながら、マグロに水俣病で知られるメチル水銀が多く含まれていることは、あまり知られていないのではないでしょうか。
動物の胎児の画像が不気味で、そして美しい。だが、この画像は実写ではない――