taikiosen

中国・北京市政府は7日、深刻な大気汚染が続くことが予想される場合に出される「赤色警報」を初めて発令した。8―9日にかけて高濃度のスモッグに覆われる見通しだという。
PM2.5の濃度が安全基準の15倍を超えた。  
若年死亡率は、オゾンや微小粒子状物質などの屋外の大気汚染物質が人間の健康に与える影響を含む、さまざまな原因と関連している可能性がある。
CO2削減と大気汚染対策に真剣に取り組んでいるフランスの首都パリだが、市内がスモッグに覆われるなど大気汚染が悪化したことを受け、大規模な交通規制が行われた。
パリ市議会は深刻な大気汚染の対策として、旧いクルマがパリ市街地へ乗り入れることを禁じる条例の制定を推し進めているからだ。
インドの首都ニューデリーは大気汚染が世界最悪レベルにある。この深刻な状況はどうして生まれ、政府はどう対応するべきなのか。地元の調査期間に聞いてみた。
APECの開催地となった北京では、澄み渡った青空を確保するために住民に制約や厳しい禁止事項が課せられた。青空を確保するために一般の人たちが禁止された7つの項目について紹介する。
第34回北京国際マラソンが10月19日(日曜日)、およそ3万人のランナーが集結して開催された。コースを走るアスリートたちを待ち受けていたのは、沿道の大きな声援と、深刻な大気汚染だった。
乳幼児に血管の炎症を引き起こす「川崎病」が日本で起こるのは、中国北東部から風に乗って運ばれてくる物質が関与している可能性があるとの研究が発表された。
中国で「空気の缶詰」が販売されることになりそうだ。どのような場所の空気だろうか。