taimurapusu

フルハイビジョンの10倍の解像度です。
巨大なコンテナ船は、どうやって世界を巡っているのだろうか。
こんなに綺麗な動画が撮れるなんて。
2匹のわんこが、コーナーを曲がって、猛ダッシュ!
展望台に上がる5基のエレベーターでは、没入型のタイムラプス動画が流れるようになっており、「1500年代から現在に至る、ニューヨーク市のスカイラインの発展が再現される」のだ。
映画プロデューサーのランディ・ハルバーソンが新たに公開したタイムラプス(低速度撮影)映像は圧巻の一言だ。
2014年10月にハワイ島のキラウエア火山から溶岩流が流れ出た時、ランス・ペイジ氏は2週間にわたって活発に活動する火山の周辺を歩きまわり、息を飲むほど素晴らしいタイムラプス動画を撮影した。
東日本大震災が起こってから、まもなく4年。色鮮やかに加工したHDRと、タイムラプス動画が、福島の姿を捉えている。今年も、桜の季節がやってくる。
独自のタイムラプス作品を発表してきたRob Whitworth氏が、中東の巨大都市・ドバイで、これまで以上に独創的かつスケールの大きい傑作を発表した。
3月14日に開業する北陸新幹線・長野〜金沢間の報道機関向け試乗会が2月5日、開かれた。富山〜金沢間の20分を1分半のTimelapse動画にしてみた。
レゴでできた高さ10メートルのクリスマスツリーがお目見えした。製作過程の様子が動画で公開されている。
幻想的な星々のタイムラプス動画は、さして新しいものではない。しかし、ウェーブという名で知られる アリゾナの息を飲むような砂岩渓谷で撮影された今回の新しい動画は、頭上の空とその下の地上の風景を、これほど美しく撮影した動画は少ない。
実りの季節。田んぼでは今年の稲が刈り取りの時期を迎えている。コマ送りで撮影し高速再生する技法「タイムラプス撮影」で稲刈りの様子を捉えた動画は、なぜか見ているだけでなごんでしまう。
渋谷ヒカリエの上空から、ミニチュア効果を付けてタイムラプス動画を撮ってみると……
東京・高円寺の夏といえば、阿波おどり。タイムラプスで撮影すると……
7月上旬に当コラムで紹介したところ、非常に大きな反響のあった傑作タイムラプス作品『Barcelona GO!』の作者であるRob Whitworth氏が、今度はなんと北朝鮮・平壌のタイムラプス作品『Enter Pyonyang』を発表した。ただでさえ撮影が困難な北朝鮮で、1コマずつ撮っては進むというタイムラプスの撮影を成功させた『Enter Pyonyang』。
霧に覆われたゴールデン・ゲート・ブリッジはまるで天空の城。夕暮れ、柔らかい霧のブランケットが橋を包み込むとき、「世の中すべてこれでよし」という気分にさせられる。
パタゴニアの景色は、タイムラプスがよく似合う。
タイムラプス(微速度撮影)とは、デジタル一眼カメラなどで撮った連続写真をつなぎ合わせて動画のように仕上げる手法のことで、日本はもちろん、世界中でマニアが増殖している。
南カリフォルニアで活躍する写真家マット・ギヴォットとダン・ダグラスが、「丸3日から4日」かけて作成したディズニーランドの動画は、91秒間のディズニーランド賛歌だ。