taiya

いま流行の「アップサイクル」。2007年から廃タイヤで作ったバッグを販売している会社の代表は「あくまでも品質や機能、価格が重要」と語ります。
「パンクしないタイヤ」の公道におけるテスト走行は、年内にも始まる見込みだ
大雪による車の立ち往生が相次ぎ、国交省が検討していた
写真を修正する文化に反対する ―― と宣言。
少し前に読んだMediumの記事が、こころにひっかかっているので簡単に紹介したい。現在、インターネットがメディアのありようを激しく変えている最中だが、かつて自動車産業が勃興したときも同じような状況だった。自動車が作られたはじめたとき、馬車の時代であって、快適な道は少なく、ガソリンスタンドがあるわけでもなく、自動車の未来が来ることは誰の目にも明白だったけれど、それがいつ実現するのかはわからなかった。