taiyoko

「OECD諸国の中では、日本と韓国のみが長期的に石炭火力への依存を高めている」日本だけが「福島前」に戻ってはならない。
自然エネルギーを介した「自治体間連携」が始まりました。
2人はどう解決したのか?
ラスベガスは、今では再生可能エネルギーだけに頼るアメリカ最大の都市となった。
「始めたのは、私たちです」
今回はテスラにとって瀬戸際だ。
FITは、再生可能エネルギー全量固定価格買い取り制度を意味する。5種の自然エネルギー(太陽光、風力、中小水力、地熱、バイオマス)でつくる電気を買い取る制度だ。
米国ラスベガスの光り輝くベガス・ストリップやフリーモントストリートを見ると、途方もない電気代のことを想像してしまう人も多いのではないだろうか。
ソーラー産業は将来的に伸びる。少なくとも現在の数値を見るかぎりは。
『エネルギー貧困』などという有害無益な結果をもたらすような再エネ推進策は許されない。
2012年にスタートした固定価格買取制度で、太陽光発電設備に投資すれば確実に利益がでるために急増しました。土地さえもっていれば、これほどいい利回りで稼げる事業は少ないのではないでしょうか。
全ての小売電気事業者が、全ての消費者に対し、適切かつ十分な説明を果たすべきと考えられます。
再生可能エネルギーの普及に世界で最も注力しているのはドイツ。そこでの再エネ事情を実際に体感することも含め、今月、ドイツに行ってみた。
わが国の再生可能エネルギー推進派の人たちは、つねづね「ドイツを見習え」と言う。まったくそのとおりだ。日本も太陽光発電の本場、ドイツを見習って太陽光発電施設の整備を進めていかなければならない。
水素は、消費の際に水しか排出しない、クリーンな燃料だ。水素を燃料とした、有害な排気ガスを出さない自動車も開発されている。
17 世紀、イギリスの科学者ニュートンは、太陽光がプリズムを通過すると、様々な色をもつ光に分解される現象(分光)を見出したと言われています。太陽の光には、いくつもの種類の光が折り重なって地上に届いているのです。ただ辺りを照らすだけにみえる光も、熟練の専門家からしてみれば、極上の研究素材を与えてくれるメッセージとなります。
再生可能エネルギーが注目を集めるなか、京セラを中心としたグループが、日本で最大となるメガソーラーを完成、稼働させた。発電規模は70MWを誇り、国内のみならず海外からの注目も高い。この「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」に続くかたちで、今後、日本各地でメガソーラーが稼働する予定だ。