takahamagenpatsu

高浜原発の運転延長に向け、原子力規制委の審査の対応にあたっていた関西電力の40代の男性社員が自殺。敦賀労働基準監督署は「過労自殺」と労災認定した。
裁判所を公然と批判する発言に株主から非難の声が上がり、会場は一時騒然とした。
原発事故の教訓から、運転期間を原則40年に制限する新規制基準が適用されて以降、老朽原発で審査に合格し延長が許可されたのは初めて。
大津地裁は3月9日、関西電力の高浜原発(福井県高浜町)で稼働中の原子炉2基の運転停止を命じる仮処分を決定した。
「決定は『避難計画はどうでもよろしい』と言っている」と指摘しています。
原発の再稼働をめぐって、福井、鹿児島の2つの地方裁判所から、わずか1週間ほどの間隔で、全く正反対の司法判断が示された。
先月、再稼働が見込まれる関西電力高浜原子力発電所3・4号機と九州電力川内原発1・2号機の再稼働差し止め仮処分申請について、対極的な司法判断が下された。
高浜原発3,4号の運転差し止め仮処分を認めた福井地裁の決定は、原発再稼働に司法の冷水を浴びせる形となった。ただ、今回の決定が他の訴訟に波及するかは不透明。
関西電力高浜原子力発電所3、4号機について、福井地裁の樋口英明裁判長は再稼働を差し止める仮処分決定を出した。仮処分の取り消しなどがない限り、再稼働はできない。
企業にも"遺伝子"がある。合理的に説明がつかない経営判断でも、その企業の歴史に照らし合わせれば納得できることが往々にしてある。例えば、関西電力。