takahashidaisuke

ソチオリンピックは2月22日(現地時間)、フィギュアスケート上位入賞者らによるエキシビジョンがあり、大会の集大成となる演技が披露された。
日本時間2月23日午前1時半より、ソチオリンピック・フィギュアスケートのエキシビジョンが行われる。
フィギュアスケートの小塚崇彦が、17日付の自身のブログで、ソチ五輪に出場した男子フィギュアの羽生結弦(1位)、町田樹(5位)、高橋大輔(6位)の活躍を祝福するとともに、五輪代表の座を巡って、“因縁”にもなった高橋を真摯にねぎらった。
ソチオリンピック、フィギュアスケート男子シングルのフリープログラムは、羽生結弦が、パトリック・チャン(カナダ)を抑え、今大会日本初となる金メダルを獲得した。
「何があってもこれが最後」。ソチオリンピックのフィギュアスケート男子が2月13日から始まり、3大会連続出場となる高橋大輔選手が集大成の舞台に臨む。
ソチオリンピック、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラムで、羽生結弦が、完璧な演技でショートプログラム史上初となる100点台の得点をマークし、14日のフリー演技に向け好発進した。
「全聾の作曲家」と呼ばれてきた佐村河内守さんが、謝罪文を公表した。3年ほど前から聴力が回復し、耳のそばではっきり話してもらえば、人の言葉も聞き分けられるときもあるようになっていたという。
この記事のタイトルはダブルミーニングになっています。最後まで読めばその意味は察せられるでしょう。
「新垣先生に寛大な処置を!」佐村河内守さんのゴーストライターであることを告白した新垣隆さんの教え子達が、ネット上の署名サイト「Change.org」で、大学側に寛大な処置を求める運動を起こしている。
被爆二世、独学で音楽を学んだ全聾の天才作曲家と謳われた佐村河内守氏のほぼ全作品が、実際には桐朋学園大学の講師を勤める現代音楽作曲家・新垣隆氏の手になるものだった、という衝撃的な事件が世間を賑わせている。これに関連して、少し自分の思うところを書いておきたい。
「両耳が聞こえない作曲家」として知られている佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんの楽曲の「ゴーストライターをしていた」として、大学講師の新垣隆(にいがき・たかし)さんが2月6日、都内のホテルで会見を開いた。
高橋大輔選手が、ソチ五輪のSPの曲を変更しないことを明らかにした。両耳が聞こえない作曲家として知られている佐村河内守さんの楽曲を別人が作曲していたことを受け、同士が作曲したとされる「ヴァイオリンのためのソナチネ」を今季のショートプログラム(SP)に使用してきた高橋大輔選手は、プログラムの変更はないと発表した。
「現代のベートーベン」として知られる耳が不自由な作曲家、佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんが「十数年前から別の人物に作曲を頼むようになった」と、代理人を通じて告白した問題で、実際に作曲していたのは大学講師の新垣隆(にいがき・たかし)さんだったことが2月5日、明らかになった。
作曲家・佐村河内守さんが、代表作「交響曲第1番 HIROSHIMA」など主要な楽曲を、自分で作曲していないことがわかった。
第22回冬季オリンピック競技大会「ソチ五輪」の開幕を間近に控え、日本人選手のメダル獲得ラッシュへの期待感は高まるばかりだ。そこでオリコンが「ソチ五輪でメダル獲得が期待できる日本人選手」に関するアンケート調査を実施。メダルへの期待が最も高まっている選手はだれ?
日本スケート連盟は12月23日、フィギュアスケートのソチオリンピック代表を発表した。女子は全日本選手権で優勝した女子の鈴木明子選手のほか、浅田真央選手...