takedatsunekazu

東京側からシンガポールのコンサルタントに支払ったとされる約2億3000万円は、招致委の理事長だった竹田恒和・JOC会長がサインしていた。
こんな状態では、サミットで「スポーツ分野における腐敗対策で成果文書を取りまとめる」ことなどできない。
馳文科大臣からは、ブラック・タイディングス社選定に関して興味深い答弁が返ってきた。関与している会社は...
「裏金」ではなく組織の正式な契約に基づいて支払われたものだったからと言って、支払いに問題がなかったとは言えない。
竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長は、2020年夏季五輪の東京招致について、他の主要国際都市と同様、東京に放射能の心配はないとし、安全性を強調した。