tanigawakoji

1985年のデビュー以来、将棋界に君臨する天才棋士の凄さとは。
いまからおよそ30年前、将棋界から忽然と姿を消した「伝説の棋士」の近況を聞いた。
現役時には、烈々たる闘志を隠そうともせず、盤に向かうことで知られていた永作芳也氏。谷川浩司、島朗、羽生善治…煌めく星のような一流棋士達と、どんな戦いを見せたのか。なぜ棋士の身分を捨てたのか。
谷川俊昭氏は実弟・谷川前会長とメールでやり取りをしたほか、2月に渡辺竜王とも面会したという。
棋士28人が「将棋連盟の理事5人の解任」を求め、総会の開催を請求した。
日本将棋連盟は2月6日、佐藤康光九段(47)を新会長に選出した。
「将棋界を正常な状態に戻す」「真実を明らかにする」「渡辺竜王らに適正な処分」「三浦九段の名誉回復」などを目標としている。
「公開版とドラフト版、2つの報告書が存在している」という指摘について、日本将棋連盟に電話で問い合わせた。
「関係者の皆様、将棋ファンの皆様にご迷惑をおかけしましたことを、改めて深くお詫び申し上げます」