tanka

国交省の担当者は「管制塔から見る限り、数十センチは浸水している」と話した
国という概念を越えて、自らの行動に責任を担わなければならないグローバル市民であることを自覚させられることであろう。
とにかく私は、歌人・鳥居の登場が嬉しくて嬉しくて仕方ない。
西崎憲さんという人物をご存知でしょうか。日本翻訳大賞の生みの親であったり、作曲したり、音楽レーベルを運営したり、翻訳や作家活動をしつつ、実はフラワーしげるという名前で短歌も詠んでいます。
膨大にあるWikipediaの中から、「五・七・五・七・七」、短歌のリズムになったフレーズを抜き出してツイートするTwitterBOTが登場した。偶然にしては美しすぎる、そのまま短歌として通用しそうな「作品」たち。