teion-seibutsu

動物が感知した温度情報を脳に伝えて適切な行動をとるための仕組みを、京都大学大学院理学研究科の井上武特定助教と阿形清和教授らがプラナリアで明らかにした。