tekiseihyoka-tokuteihimitsuhogoho

臨時国会で特定秘密保護法が成立しました。この特定秘密保護法について、例えばこの法案を廃案にしたほうがよいのではないかというメール等をいただきました。また、この法案は基本的人権を損なうのではないかというようなご指摘もありました。本当にそうでしょうか。
天国のようにスパイがいて(?)、諸外国から相手にすらされないような状況に陥っているという深刻な現状把握にあるならば、どうして法律の強化だけで一掃できると断言することができるのだろうか。天国のようにスパイがいるならば、新たなる法律などものともしないスパイも出てくるだろう。