tenisu

テニスのマドリード・オープンは5月11日、マドリードで行われ、男子シングルス決勝で錦織圭選手が世界ランキング1位のラファエル・ナダル選手と対戦したが、試合途中に腰の痛みを訴えて棄権し、準優勝に終わった。
テニスのマドリード・オープンは10日、マドリードで男子シングルス準決勝を行い、第10シードの錦織圭は第5シードのダビド・フェレール(スペイン)を7─6、5─7、6─3で下し、決勝に進出した。
テニスのマドリード・オープンは9日、当地で男子シングルス準々決勝を行い、第10シードの錦織圭はフェリシアノ・ロペス(スペイン)を6─4、6─4で下し、準決勝に進出した。 錦織は次回の世界ランキングで日本人選手として初めてトップ10入りすることが確実になった。
テニスのソニー・オープン準々決勝で元世界ランク1位のロジャー・フェデラーを破り4強に進出した錦織圭は28日、準決勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)戦を足の付け根の故障のために棄権した。
テニスの錦織圭選手が、アメリカのフロリダ州で行なわれたソニー・オープン男子シングルス準々決勝で、元世界ランキング1位で現在5位のロジャー・フェデラー選手を破り、ベスト4に食い込んだ。錦織選手が破ったフェデラー選手とは、どんな選手なのだろうか。
ビーナス・ウィリアムズは、その強烈なサーブとしなやかな俊敏性で女子テニスに新しい風を吹き込みました。そして、この身長 185cm のアスリートは、コート内外でファッションにも大きな影響を与えました。
朝日新聞デジタルなどによると、テニスのマドリード・オープンは9日、男子シングルス3回戦があり、世界ランキング16位の錦織圭(日清食品)が連覇を狙った同2位のロジャー・フェデラー(スイス)を6-4、1-6、6-2で破る金星を挙げ、準々決勝進出を決めた。