tenkiyoho

東京都心など23区内でも道路にうっすらと雪の積もる可能性があります。
関東南部では1月12日未明と、12日昼間にそれぞれ雨や雪の降るタイミングがあり、明け方には雪の降る可能性があります。
事故が発生しやすい雪かきや雪下ろし。注意すべきポイントは……
天気の落ち着いているところでは、天体観測を楽しむことができそうです。
お正月に向けては、真っ白に姿を変えていきそうです。
空気が乾燥している場合には、雨ではなく雪やみぞれとして降りやすくなります。
寒気が再び日本列島の広い範囲を覆い、北陸から北日本の日本海側は平野部でも雪が降る見込み。
東京都心など今は雨が降っていないところでも、今日は雨の降る時間帯があります。
27日朝は、遅くなった日の出前の空が、各地で濃紺からオレンジに変わるきれいなグラデーションに染まりました。
一日のうちの朝晩と昼間の気温差が大きく、昨日は雨が降った関東や東海、近畿などでは、昨日との気温差も大きくなります。
八丈島では降り始めからの雨量が700mmを超えた。5日間で平年10月の1.5倍の雨量が降ったことに。
本州に近い進路を通った場合は、西日本、東日本の太平洋側で大雨となるおそれがありますので、今後の動向に注意が必要です。
10月5日(月)9時に日本の南で台風14号が発生しました。
最も雨の量が多くなりそうなのは紀伊半島周辺、関東でも前線に近い房総半島を中心に雨が強まりる予想。
今日の関東ではこのあと雨が降る予想で、気温がほとんど上がらない予想です。
7時40分時点では、鹿児島、長崎、佐賀、福岡、広島、福島、宮城の各県に、土砂災害警戒情報が発表されています
関西空港が浸水したり、暴風でトラック横転や家屋被害を引き起こした2018年台風21号以上の勢力が予想されています。
沖縄本島から台風の中心は離れていきつつありますが、このあとも発達を続けるため猛烈な暴風が吹き荒れます。