tentaikansoku

14日深夜から15日未明、街明かりが少なく空を広く見渡せる所なら40個以上見られるかも。各地の天気は...
毎年12月に活発化する「ふたご座流星群」。今年は、前後10年で最も観察条件がよいとされています。
21日夜頃、オリオン座流星群が極大に。多ければ、1時間あたり40個の流れ星を見られることも。30日までは見られるので、見るうえでのコツも......
毎年安定して多くの流れ星を見ることができるペルセウス座流星群。今年は、14日が新月ですから、良い条件で観察できそうです。
海と生命が存在する可能性がある地球型の惑星が、新たに8個発見された。そのうち2個は、今まで発見された系外惑星の中でも、最も地球によく似ているという。今回の発見で、公転している恒星から「生命居住可能な領域」にあると考えられている小さい系外惑星の数は倍増することになる。
今夜は皆既月食。月の欠け始める時間帯は午後6時14分頃からで、皆既食となるのは午後7時24分頃からです。各地の今夜の天気は?
10月8日は、月全体が地球の影に入る「皆既月食」を見ることができます。19時24分頃から1時間程度、望遠鏡など特別な機材は必要なく、肉眼で気軽に観察できます。
こと座流星群が4月22日夜に観測のピークを迎える。22日の23時から23日の夜明け前に観測でき、ピークは23日の午前3時頃。放射点がある「こと座」は、20時頃から北東の空にのぼり、ベガの少し右の位置の放射点を中心に全天にわたって流星が見られる。
オリオン座流星群は、10月21日の夜にピークを迎える。23時過ぎから翌日の明け方まで見られるという。