terewaku

2017年7月24日から、東京オリンピックを契機とした国民運動「テレワーク・デイ」がはじまる。働き方改革にも連動するこの取り組みは、いったいどんな内容なのか?
JALが7月から導入する「ワーケーション」とは?
働き放題になってはメンタル疾患などの健康被害がでます。やはり上限は大切。企業がしっかり労働時間管理をすることが大切です。
リモートワークに、チームメンバー全員が顔を合わせる機会を組み合わせることで、よりメリットを生かし・伸ばすことができるのではないだろうか。
ワークライフバランスの面からテレワークが求められているのは、ある意味では当然のことです。
PRESENTED BY LENOVO
最新鋭の建築・設備スペックを持つビルであっても、顧客ニーズの変化に気づかず、営業や管理は第三者任せという十年一日の経営を行っていては、顧客満足度が低く解約リスクの高いビルになってしまう可能性があります。
マーケット拡大に伴い、フリーランスの生活はどう変化するのか。いま一度クラウドソーシングを考える。
PRESENTED BY エン・ジャパン
今朝のハフィントンポストで「【地図】子育て世代の女性が働いている県・そうでない県」という記事が掲載された。非常に興味深い地図だったので、東京周辺の状況について自分なりに分析してみた。
専門家は今後、30〜40代の男性にとっても在宅勤務制度が必須となる時代が来ると分析している。