Tesla

Teslaの財政がどうなろうと、われわれ一般人はすべて勝者なのだ。
Tesla は単なる「自動運転機能の電気自動車」ではなく、「自動車機能つきのコンピュータ」なのだと思います。
ここ数年大企業でIoTの企画はたくさんあるけれど、なかなか製品化されない...さてどうなる。
「Tesla Network」はTeslaがUber(および他の相乗りサービス)と競合するための計画ではないかとする評論家の意見についても語った。
Autopilot(自動操縦)という単語が走行中にまったく手を加えなくても良いという完全自動運転だと誤解を招きやすい。
Chariotは「通勤」に特化しているため、朝は「住宅街からオフィス街へ」、夕方は「オフィス街から住宅街へ」と一方向のみ運行し、早く目的地に到着できます。
これまでに何度も危機的な状況にさらされてきたTeslaですが、驚くことに10年前に発表されたこのマスタープランはほぼ実現されています。
SolarCityは、2006年にシリコンバレーで創業され、現在19の州の27.5万世帯に太陽光発電システムを提供している「全米最大の太陽光発電サービス企業」です。
予約購入を決めた人なら来年のクリスマスには自宅のガレージでクリスマスショーが楽しめるかもしれません。
Googleの自動運転プロジェクトは、最近、車が歩行者にサインを出す特許を取得した。
この評価発表後、228ドルだった株価が一時的に202ドルまで下落しています。
テスラのイーロン・マスクCEOは、クルマ同士が集めた情報を交換し合い学習することで、将来的にはより良いシステムになるようにしたいと考えている。
Elon Muskは今週、Teslaに関する大きな発表を予告した ― 「走行距離不安症」の終結だ。
Appleが、電気自動車大手のTesla Motorsに買収を提案したのでは、という憶測を、The San Francisco Chronicleが報じている。