tesura-motazu

テスラ・モーターズ(ティッカーシンボル:TSLA)がバッテリー交換のパイロット・プログラムを発表しました。このテストが行われるのはサンフランシスコとロスアンゼルスからちょうど等距離に位置する、セントラルバレーのハリスランチです。
アメリカの宇宙開発企業「スペースX」の創設者で、電気自動車メーカー「テスラモーターズ」のCEOイーロン・マスク氏が夢見た超高速列車「ハイパーループ」が10年程度で実現するかもしれない。
昨年、テスラ社のセダンが相次いで出火事故を起こし、また、先月も盗難された「モデルS」が警察とのカーチェイスのすえ、複数の車に衝突して大破し、散乱したリチウムイオン電池が炎上したという事件もおこっていました。それでもテスラの快進撃が止まらないのがすごいところです。
かねてから期待されていた、アメリカのテスラ社の少しお手頃な電気自動車 (EV) は「モデル3」と呼ばれる。
テスラ・モーターズ社は先ごろ自社の特許を開放したが、その成果がすでに上がりつつあるようだ。
ウォールストリート・ジャーナル(日本版)に「米テスラ、特許を公開へ?技術促進目指し」なんて記事が載ってます。ちょっと記事からだと意味がわかりにくい(「特許を公開」と言ってますが、特許制度のポイントは技術の公開の代償として独占権を与えることにあるので特許が公開されるのは当たり前です、「特許を開放」という意味なのでしょうか?)ので一次ソース(Tesla Motorsの公式ブログ)に当たってみました。
わずか206台しか国内販売されなかった伝説の国産スポーツカー「トミーカイラ ZZ」が、最先端の電気自動車(EV)として復活する。京都のベンチャー企業「グリーンロードモータース」が99台を限定生産することになり、第2期の予約をスタートした。アメリカのEVベンチャー「テスラモーターズ」の日本版になるか注目される。
イノベーションは簡単に予期できないからこそイノベーションだ。こういう機能があるからこれができる、という現状の延長の発想だけではなく、こういう未来を創りたいから、これを作ろうというワクワク発想で、世界は今後も、これまでの知見に「アウトオブボックス」要素を加え、イノベーションを加速させ、それが「文明の進歩」となっていくのだ。
最新のエコカーが並ぶ東京モーターショーが20日、報道向けに公開された。日本勢は円安の追い風も受けて復調し、ハイブリッド車(HV)などで世界をリードした環境技術の「本場」の自負がにじむ。
2年に1度の自動車の祭典「第43回東京モーターショー」が、11月20日に開幕した。自動車や2輪車など計76台が世界初公開された。東京都江東区の東京ビッグサイトで、家電各社など異業種も含めて12カ国から170社以上が参加した。