子どもの権利

信仰者にとって、強い力関係にある聖職者からの性暴力。日本でも被害者の会が結成され、告発の動きが始まった。
「子どもの安全を守るのは国の責任」と話すブルース・アダムソンさん。なぜ子どもの権利を守るのが大切なのか聞きました
宗教などにハマる親によって子どもの命が奪われる事件は今までに何件も起きている。
12年、ミャンマーでは60年以上続いた紛争の停戦合意が結ばれた。暴力や迫害が日常化していた地域で子どもたちを保護するための取り組み。
別れた父親(もしくは母親)に会わない方が、子どもの健全な成長に資することはいくらでもあります。
国連が無力だと批判する人もいますが、世界の色々な問題を解決するグローバルなフォーラムとして国連は重要だという私の思いは今日までずっと変わりません。
選挙後の変化はどうして?
子どもの多くが、強制的な児童婚をさせられることを避けたがっているが、避妊についての知識やアクセスを持っておらず、社会的な圧力にもさらされている。
人々がときに冷静さを失うのは、ひとえに情報不足が原因です。
第68回カンヌ国際映画祭のオープニング作品「太陽のめざめ」というフランス映画を観る機会があった。
レバノンでは 110万人のシリア難民が暮らしており、子どもは公立学校で無償教育を受けられることになっている。しかし…
セルビアでは何百人もの障がいをもつ子どもたちが、施設で隔離・ネグレクトされており、知的・情緒的・身体的な発育不全の可能性に直面している。
すべての子どもたちは、「教育を受ける権利」と同様、「遊びやスポーツをする権利」を持っている。
2015年12月17日に119カ国の賛成で、北朝鮮での「長期化し、今も続く組織的で広範かつ大規模な人権侵害行為」を非難する決議が可決された。
予期せぬ保護者との別れや激しい虐待などにより、「緊急保護」が必要になった児童たちは、どこに行くかご存じでしょうか?