tochijisen-2014

東京都知事に就任した舛添要一氏が、自転車レーンの整備に意欲的な姿勢を見せている。
【データで見る都知事選】投票率は西高東低 投票率が低くて得した人、損した人
もっと政治参加を進めるためには、敢えて小難しいことを言わずに「とりあえず言ってみればいいじゃん」と思える仕組みづくり・雰囲気づくりをやっていく必要がある、と家入一真さんに気づかされたわけです。
舛添氏が強かった地域は? 宇都宮氏と細川氏は? 地区ごとの得票率を地図で見てみよう。
当初は無風かと思われた東京都知事選挙ですが、細川・小泉タッグの殴り込み、そして35歳という若さの家入一真さんの立候補で、俄然おもしろくなりました。投票が締め切られた今、家入一真さんの新しい試み「ぼくらの政策」を高く評価し、「本当にすみません!すばらしいと思うんで丸パクリします」と宣言させていただきたいと思いますm(_ _)m
2月9日投開票の東京都知事選で、小泉純一郎元首相は「これでツイッターを閉じさせていただきます」と、アカウントの閉鎖を示唆した。
東京都知事選に立候補した元首相の細川護熙氏(76)は2月9日、桝添要一氏の当選確実の報を受けて記者会見し「再稼働に反対する都民の意思がかなり明確に示されたのではないか」と述べた。
2月9日に投開票された東京都知事選に絡んで、タレントのデヴィ夫人が警視庁から選挙違反の警告を受けていたことが判明した。
東京都知事選は2月9日、投開票され、無所属で元厚生労働相の新顔、舛添要一氏(65)=自民、公明推薦=が当選を確実にした。
20年ぶりの大雪に見舞われた東京都で2月9日、都知事選の投票が始まったが、異例の積雪で投票所への足が重くなっている。選挙管理委員会が発表した17時現在の中間投票率は28.23%。前回の同時間は40.31%だったので、12.08ポイントも減少している。