togikai

東京都議会では10月4日午後、主要4会派(自民・公明・共産・民進)による代表質問がはじまり、小池百合子知事が初めて論戦に臨んだ。
若狭勝「今小池知事が訴えていることはある意味正論だと思います」
自民は15年度、毎回55~56個分を注文。すし屋、中華料理、とんかつ店、折り詰め弁当店など注文先は様々だ。
若狭議員「今までわからなかった隠れたこととか水面下のものを表に出すというときには、インターネットとか新しいツール、手段が変えていくというのをかなり実感できる。」
「自民党、都連には、本当によくよく猛省を促したい」(若狭勝・衆議院議員)
元都知事の猪瀬直樹氏が選挙特番に生出演し、“都議会のドン”といわれる自民党の内田茂・都連幹事長について、ネットの力で「やっと存在が知られるようになった」など語った。
東京都議会を「改革の敵」として演出する「ケンカ選挙」で浮動票をつかみ、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏を振り切って当選を確実にした。
前大阪市長の橋下徹氏が6日、自身のTwitterで、東京都知事選への立候補を正式表明した小池百合子元防衛相について「都議会と対決する姿勢に都民は支持するだろう」などとつづった。
「国会以上に保守的な伏魔殿」と呼ばれる東京都議会。この流れで厳しい世論の目に晒されて、少しでも浄化されていくことを願うばかりです。
議論を丁寧に汲みとって進めていくことこそが、民主主義化における政治決定のプロセスに最も重要なことのはずです。