togikai

議論を丁寧に汲みとって進めていくことこそが、民主主義化における政治決定のプロセスに最も重要なことのはずです。
東京都議会は6月15日の本会議で、この日午前に出されていた舛添要一知事の辞職提案を全会一致で了承した。辞職は21日付。
舛添要一知事の進退を巡る問題は6月15日、大詰めを迎える。
進退を巡る問題は15日、重要な局面を迎える。
都議会の総務委員会は、6月13日午後1時30分から集中審議を開き、舛添氏と一問一答の質疑応答を繰り広げた。
「伏して皆様にお願いしたいことがございます。それは…」
都議会の追及に対し舛添知事は…。
米国ではすでに伝統と実績のあるネットメディア「BuzzFeed」の記者が、「ネットメディアは報道機関としてみなしていない」という理由で、都議会の取材が制限されていた…
6月1日に開会する東京都議会が、舛添要一都知事の政治資金疑惑に対してどのように対応するか注目される。
政党が消滅するという極めて異例な事態の中で、このような事態に至った経緯を地方議員という立場からもしっかりと説明することは必要だと考えました。