tohokuchihotaiheiyookijishin

2011年東北地方太平洋沖地震の発生後に継続して進行している地殻変動の要因として、「粘弾性緩和」という過程が重要な役割を果たしていることを、東北大学の災害科学国際研究所の日野亮太教授と大学院理学研究科の三浦哲教授らが突き止めた。
2014年9月12日18時過ぎ、東京地下鉄(東京メトロ)国会議事堂前駅最寄りの内閣総理大臣官邸(以下、総理官邸)前では、原子力発電所(以下、原発)再稼働反対と安倍晋三総理大臣辞任の両方を求めるデモに遭遇した。先頭は太鼓などの楽器を使い、参加者全員が熱唱後、代表者が原発再稼働反対を強く訴えた。その列は国会議事堂前駅の3番出入口付近から始まり、4番出入口を通り過ぎたあたりまで続いていた。
2011年3月11日以前から、世界中で大地震が発生しているのが気になっていた。ある日、ニュージーランドで大地震があり、多数の死傷者が発生した。それを大きく上回る大地震が日本を襲うとは......