tohokurakutengorudenigurusu

東日本大震災から10年となる節目の年での古巣復帰。2021年シーズンは「伝説」の続きが始まるか。
かつてこんなチームがあった
今年も日本のプロ野球シーズンが開幕した。近年はサッカーに押され、人気低下も叫ばれているが、国内では「興味がある」とした人がプロ野球が42.6%で1位となった。
プロ野球に対する関心の高さを表すとともに、"声を大にして書いた人が非常に少ない"という事実に愕然(がくぜん)とした。野球記者やライターの多くは、この制度に賛成なのか。それとも触れること自体がタブーなのか。
プロ野球のオールスターゲームでパ・リーグの監督を務めることになっていた楽天の星野仙一監督が、再び監督を辞退した。腰の手術後の回復が間に合わないという。
東北楽天ゴールデンイーグルス創成期の立役者、同球団の元広報であり、現・一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 戦略広報チームの西村亮氏に、「スポーツ広報成功の秘訣」を伺いました。
プロ野球の楽天は、難病の治療で休養している星野仙一監督(67)の早期復帰を願い、6月12日のヤクルト戦(コボスタ宮城)を「星野仙一デー」と銘打ち、来場者全員に特製Tシャツを無料で配る。
東北楽天ゴールデンイーグルスは5月27日、星野仙一監督の診察結果を発表した。前日に都内病院で検査を受け、腰椎の椎間板ヘルニアと「胸椎黄色靱帯骨化症(きょうついおうしょくじんたいこっかしょう)」と診断された。
プロ野球の2014年シーズンが開幕。各球団とも熱戦が繰り広げられた。2年連続の日本一を目指す楽天は西武と対戦し、2年目右腕の則本昂大投手が9回を6安打1失点。150キロのストレートに変化球を交え、完投で2-1と初戦を飾った。
プロ野球・楽天の本拠地、宮城球場の名前が「楽天koboスタジアム」に変わることになった。楽天が、年間2億100万円で命名権を取得したという。