tohyo

第47回衆議院選挙の投開票が、12月14日に行われる。しかし、2012年12月に行われた前回の衆議院選挙では、投票率が59.32%と戦後最低を記録。中でも20代の投票率は全世代で最低の37.89%だった。リンクが切れてしまった若者と政治をつなげるために活動しているNPO法人「YouthCreate」代表、原田謙介さん(28)に聞いてみた。投票に行くのは一体、なぜ?
PRESENTED BY 総務省
若者の低い投票率が問題視され始め、投票率向上に向けて様々な取り組みがなされているが、残念ながら結果が出ていない。
有権者が働く業種により、投票先にどのような関係にあるのかをグラフ化しました。職業ごとの投票先政党にどのような特徴があるのでしょうか?
有権者の就業形態別ごとに、どの政党に投票したのかグラフ化をしました。有権者の就業形態ごとに投票政党に変化はあるのでしょうか?
「フェイスブックがユーザー689,003人の感情をコントロールする」で紹介したフェイスブックの感情伝染実験の騒動は、まだ続きがあった。
本日、いよいよの東京都知事選の日。東京都民がどんな決断をするのか、楽しみであり、怖くもあります。未来は誰が決めているかって、私たち一人ひとりが決めています。都民が決め、知事が政治を行う。
当該県のイメージアップなどは重要な仕事で、ゆるキャラがそれに繋がるという理屈もあるのでしょうが、これが県の行う仕事と言えるかというと多少疑問です。
米連邦最高裁判所は6月25日(米国時間)、投票権法の第4条を無効とした。この条項は歴史的に重要な公民権法の規定であり、「投票に関する法律を変更する際に、連邦政府または連邦裁判所の承認を得なければならない」とされる米国内の地域について定めたものだ。