toire

エベレストで、登山家たちが残した大量の排泄物が蓄積していることが問題になっている。気温が低いため、排泄物が分解されず残留するのだ。蓄積した排泄物は環境汚染を引き起こしており、感染症の拡大も懸念されている。
億万長者の慈善活動家ビル・ゲイツ氏が、口を使って水不足対策への支援活動を行った。「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」が資金を提供した処理装置によって作られた「人間の排泄物からできた水」を飲んでみせたのだ。
11月19日、「世界トイレデー」を迎えた。国連によれば、毎年80万人以上の5歳に満たない子供が命を落とし、その主な原因は、不衛生な生活環境にあるという。人間の生活に不可欠なトイレという場所について、各国の写真を集めた。
便座シートの本当の役割は、病気を防ぐことよりも、むしろ、使う人に快適さや安心感を与えることかもしれない。それが、感染性疾患の専門家で、ヴァンダービルト大学医療センターの教授(予防医学)を務めるウィリアム・シャフナー博士の意見だ。
INAXが製造しているシャワートイレの機能「おしりバブルビート」の強すぎる洗浄感が話題を呼んでいる。
トイレで携帯電話を使う人は、どれくらいいるのだろう?
ロシアは来月、2014年ソチ冬季五輪を開催する。最も熱い注目を集めている競技の一つが2人で同時に用を足すことだ。
インドの農村部では、「家にトイレがある世帯」が全体の3分の1に満たない。そのため、女性たちは共同トイレを使用せざるを得ないが、その間に襲われる可能性があり、身の安全を守れないという悲惨な状況となっている。
あまり認めたくはないかもしれないが、われわれはバスルーム(トイレ付きバスルーム)でかなりの時間を過ごす。それなのに、他の部屋と比べてさほど装飾にこだわらない。「いくらおしゃれにしようとしても、バスルームなんだから限界がある」と思いがちだ。
同意するかしないかは別として、私たちは人生の多くの時間をトイレで過ごしています。California Home and Designが「死ぬまでに行くべき50のトイレ」で書いているように、それなりに居心地のいい場所でトイレをしたいでしょう。