tokaidogojusanji

江戸時代中期に制作された、歌川(安藤)広重の傑作「東海道五十三次」。江戸から京都までの道のりにおける、53の宿場と行き交う人の様子を描いた浮世絵だ。
三重県亀山市、東海道五十三次の47番目の宿場として栄えた「関宿」。歴史的な町並みが美しいこの場所で今、「雨音」によってまちの魅力をさらに際立たせる試みが取り組まれています。