tokku

現在のところ橋下徹氏と大阪維新の会は大阪人の期待に応えてはいません。彼等には大阪人の期待に応えるどころか、いっそ大阪から世界を変えるのだというくらいの気概を見せて大阪人の期待を上回ってほしいところです。
大田弘子・政策研究大学院大学教授(元経済財政担当相)は、今年6月にまとめる清涼戦略の第2弾について、規制改革や転業・廃業支援など、「阻害要因除去」型による民間投資・産業の新陳代謝を促す内容に傾斜すべきと指摘した。
政府は、「国家戦略特区」の対象地域を決める「国家戦略特区諮問会議」の民間議員に、慶応大学の竹中平蔵教授ら5名を選んだ。竹中氏は労働規制の緩和について「岩盤規制を崩していく」と述べている。
政府は、大都市などに限定して大胆に規制緩和をする国家先着特区法案を閣議決定した。内閣府に「国家戦略特区諮問会議」を設置し、首相のトップダウンで改革を行うという。政府は今後、同法案の今国会成立を目指し、年明けに全国3〜5カ所を特区に指定する方針だ。
政府は「国家戦略特区」における規制緩和の一つに、公立学校運営の民間委託を認める「公設民営学校の設置」を検討することを正式に決定した。「公設民営学校の設置」とは何か。なぜ「公設民営学校の設置」が国家戦略特区に盛り込まれるのか。
すべての大臣が本部員の会議体など、形式的な抵抗会議になるのが明白だ。総理が所信表明で、実行あるのみと演説しているそばから、霞が関が抵抗を始めた。まさかこの動きに同調しようとする自民党議員はいないと思うが。
安倍政権で「国家戦略特区」の検討を進める有識者ワーキンググループ(WG)の八田達夫座長(阪大招聘〈しょうへい〉教授)が4日記者会見し、特区で解雇などの規制緩和をする対象を「弁護士らの専門職と院卒者」に限ることを明らかにした。
甘利内閣府特命担当大臣は10月1日夜に記者会見し、雇用関連の特区について「解雇特区ではない」と述べた。雇用の柔軟性や、流動化を促すなどの特区については、今後検討を行うとし、東京オリンピックなどのプロジェクトでの具体例を上げて、雇用形態の説明を行った。
安倍政権が構想する「国家戦略特区」で、従業員を解雇しやすくしたり、労働時間の規制をなくしたりする特区の導入が検討されている。政府は今秋の臨時国会に関連法案を出したい計画だ。特区をつくるねらいは何か。働き手にどんな影響があるのか。
政府は雇用の流動化を促す「特区」の設立について検討を進めている。この特区においては、労働者に一定の金額の報酬を支払えば、労働時間の縛りを無くしたり、企業の判断で従業員を解雇しやすくするとされる。具体的にはどのようなものだろうか?