tokuteihimitsuhogoho

人々が無難な会話以外、誰が聞いているかわからないと萎縮をし始めたら、「共謀罪効果」ははかりしれないものとなります。
中国側の楽観的な予測には、確固たる根拠があるのだろうか。欧米や日本では、トランプの行動は予測不能と言われているが、『環球時報』の社説によれば、そうではないらしい。
国連「表現の自由」特別報告者のデビッド・ケイ氏が4月19日、約1週間の日本滞在を終えた。
国論が分かれる政策を進めながら、支持率を維持している第2次安倍政権。著述家の古谷経衡氏に、安倍首相の実像や日本の大衆について持論を語ってもらった。
「表現の自由」国連調査が延期。その理由は?
スノーデンがアメリカ国家機関の個人情報収集手口を告発してから、2年が経つ。
7月16日、安保法案が衆議院を通過した。強行採決だった。国民の理解が得られていないと言われる。でも私は、国民はだんだん理解してきていると思う。だから世論調査でも、反対が増えているのだ。
最近、投票率の低下傾向に拍車がかかっている。さまざまな世論調査を見ると「政治は自分たちとは別世界のこと」とか、「どうせ何も変わらない」といった突き放した見方が広がっている。
内閣官房は1月9日、特定秘密保護法(2013年12月10日施行)に基づいて、昨年末の段階で10省庁が計382件の特定秘密を指定したと発表した。
特定秘密保護法について、内閣情報調査室は海外で学んだ経験や働いた経験がある人は国家機密を漏らす恐れが高まるとして、学歴や職歴の調査が必要だと強調していたことがわかった。