tokyodaigakudaigakuinigakukeikenkyuka

血液中の特定のタンパク質に、急性腎不全の症状を改善する働きがあることを、東京大学大学院医学系研究科の宮崎徹教授らの研究グループがマウスの実験で明らかにした。
がん発生の基盤となるような異常な遺伝情報が蓄積する新しい細胞内の仕組みを、東京大学大学院医学系研究科の大学院生、安原崇哲さんと宮川清教授らが見つけた。