tokyodizunirando

4月20日からは、1パークあたりの来園者数の上限を5000人以下として運営を行うという。
東京ディズニーシーの閉園時間が1時間早まることになる。
『ドリーミング・アップ!』が公演再開へ。東京ディズニーランドで昼の時間帯に行われてきたレギュラーパレード。ファンからも喜びの声が寄せられている。
「ディズニールック」と呼ばれる、従業員の身だしなみ規定。米ディズニーは多様性やインクルージョンなどの観点から規定を緩和した。日本でも改定される可能性はあるのか。
新年度の4月1日からは、パークの営業時間を含め本当に様々なことが変わります...
パレードやショーに関する案内や東京ディズニーランドのカントリーベア・シアターや魅惑のチキルームなど一部のアトラクションなどで、すでに変更されている。
東京ディズニーランド・シーのチケットの空き状況がいつ見ても「×」印...。入手困難なチケットの購入は「ある曜日のある時間」に注目。3月20日からは大きな変更点も。
追加販売はいつから?すでに日程が発表されています。
オンラインでの払い戻しの対応は、2021年5月30日で終了する。
新型コロナウイルスの緊急事態宣言が21日まで延長されたことを受けた措置です。
東京ディズニーランドの同施設ではこの日、入場のため「100分以上並んだ」などというファンの声も。
海外での報道を受け、日本のディズニーファンからも関心寄せる声も。東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドに現時点での状況を聞いた。
ディズニーやUSJなど、毎年各地のテーマパークで恒例となってきた“年越しカウントダウン”のイベント。やはりそこにもコロナ禍の影響がある。
東京ディズニーシーでのみ食べられる人気味。惜しまれつつ2019年3月に販売を終了していたのに...突然の復活。いったいなぜ?運営会社に聞いてみた。
対象者には、残りの有効期間に応じた「払い戻し」を行うとしている。
こんな偶然あるの?ディズニーランドが新エリア公開に合わせて作成した動画に、USJの公式動画と同じ曲が使われていることが、話題を呼んでいる。
9月28日にオープンするTDLの新エリア「ニューファンタジーランド」のアトラクションを楽しむ為にも知っておくべきシステム。「ファストパス」とはどう違う?使える施設も紹介。
東京ディズニーランドの新エリア「ニューファンタジーランド」がついにベールを脱ぐ。一体、どんなエリア?
ナイトフォール・グロウとは?ディズニーのファンの間では「意外すぎる」とレギュラー化に驚きの声も。実施の理由を運営会社に聞いた。
ハロウィーンの時期の全身仮装では、来園者が着替えの為にお手洗いやコインロッカーを利用するケースが散見される。コロナ禍の今年は、ウイルス感染の可能性が高まる“3密”の状態が発生しかねない。