tokyoeki100shunensuica

JR東日本は2015年2月18日、「東京駅開業100周年記念Suica」申込受付状況を発表した。
JR東日本は2月18日、「東京駅開業100周年記念Suica(スイカ)」の購入申込みが約499万枚に達したと発表した。
「東京駅開業100周年記念Suica」の購入枚数が約170万枚だという。"「ミリオンセラー」という名の大ヒット"となった要因を挙げておきたい。
JR東日本が12月20日に発売した東京駅開業100周年記念Suicaを求めて混乱が起こった問題で、JR東日本は22日、1月下旬よりネットと郵送で販売すると発表した
けっきょく、記念Suicaは希望者に販売されることに。
JR東日本は「東京駅100周年記念Suica」を発売中止にした。ヤフオクにはすでに記念Suicaが出品されている。
夕方以降のニュース番組で、東京駅の大混乱が報じられていた。しかもトップニュース。マスコミ各社は「東京駅開業100周年」を盛大に祝うはずがトラブルを報じるハメとなった。
20日に起きた「記念Suica(スイカ)」をめぐる騒ぎは、JR東日本の見通しの甘さが発端となった。来場者を最大でも5千人と予測していたが、実際は9千人以上が押し寄せた。
東京駅開業100周年を記念して発売される「東京駅100周年記念Suica」が話題。