tokyogasu

「一人一問にして」「(記者の)名前聞いたって覚えてないから、名前いりません」と、饒舌に会見を仕切る顔を見せるなど、終始浜渦氏のペースで進んだ。
豊洲市場移転をめぐる都議会調査特別委員会(百条委員会)での証人喚問で、複数の都議から「偽証の可能性がある」と指摘された浜渦武生(はまうず・たけお)元都副知事が4月10日午後2時から都庁で記者会見を開き、自身の証言が「偽証には当たらない」と反論した。
都議会の調査特別委員会(百条委員会)での証言に「偽証の可能性がある」といった指摘があるが、浜渦氏はこれに反論するものとみられる。
新たに出てきた議事メモにより、点と点をつなぐ新たな事実が浮かび上がったのです。
東京都の小池百合子知事が3日に定例記者会見を開き、豊洲市場をめぐる問題について同日記者会見する石原慎太郎元知事の責任について改めて言及した。
電力小売全面自由化による顧客流出を防ごうと東電が苦労しているようです。
結論から言うと、ガス小売り全面自由化と言いながら、不可解で不自由なルールが多数残存する可能性が極めて高い。その最たる例を以下で論ってみたい。
東京ガスが構築している高密度の震度感知システムSUPREME(シュープリーム)とは?
東京電力の会長にJFEホールディングス相談役の數土文夫(73)が就任してまもなく5カ月。「東電改革の成否が日本経済の浮沈を左右する」と就任前日3月31日の記者会見で危機感あふれた覚悟を語った通り、數土は事実上破綻した国内最大の電力会社の経営に容赦なくメスを入れている。
CES2014が閉幕し、今年の映像方面でのトレンドが4Kに集中していることがわかりました。しかも、とっくに4Kの大型ディスプレイパネルを提供できることなどというのは、当たり前の世界になっていて、さらにそのパネルの中での優位性や湾曲ディスプレイのような、もっと高度な競争になっているということです。