tokyoorinpikku-2020

うっ...こ、このデザインで...いいの...か?!なんかもっと、こう、洗練されたシュッとした和のテイストがあるとかそういうのにならんのか
「見通しが甘いと言われれば甘かった」。
あのエンブレム問題に松本人志が一言。
無鉄砲に宣言したいと思います。
制作者の佐野研二郎氏は7月31日、似ていると指摘された作品を「まったく知らない」と、疑惑を否定するコメントを組織委員会を通じて発表した。
7月15日より開催されいてる世界水泳。今大会では14年ぶりに中学生の選手が出場する。彼女には最強のライバルがいる――。
PRESENTED BY スポーツ振興くじTOTO
ベルギー・リエージュ劇場のロゴを制作したオリビエ・ドビさんが、劇場のロゴとデザインが似ているとして弁護士と協議し、対応を検討しているという。
みなさんは、どのロゴがかっこいいと思いますか?
2520億円にのぼる巨額の建設費が問題視され、計画が白紙撤回された新国立競技場を巡り、下村博文・文部科学相の責任を問う声が広がっている。
2020年東京オリンピックの組織委員会会長を務める森喜朗・元首相が7月22日、東京の日本記者クラブで講演した。2520億円にのぼる建設費が高すぎるとして安倍晋三首相が白紙撤回を表明した新国立競技場について「私も迷惑している」と述べた。
2012年に安藤忠雄氏が審査委員長を務める国際コンペで優勝したものの、白紙とされたイラクの建築家、ザハ・ハディド氏側は最後まで関わる意思を示しているという。
新国立競技場について、世論調査では"見直すべき"という意見が8割を超えたという結果もでている。新国立競技場建設は、なぜこれほどまでにもめたのであろうか。
ゼロベースでの見直しを受けて、有識者の声が上がった。
安藤忠雄氏は会見に先立ちコメントを発表、「設計プロセスについては承知していない」と説明した。全文は以下の通り。
2520億円と巨額の建設費で非難が集中している新国立競技場の問題をめぐって、コンペの審査委員長を務めた建築家・安藤忠雄氏が7月16日、東京都内で記者会見を行う。
訪日外国人が急増している。2013年に1千万人、2014年は1,341万人に達した。背景には、ビザ発給要件の緩和、LCCの拡大、アジア諸国の経済成長などがある
整備費2520億円で建設されることが決まった新国立競技場の計画に、芥川賞作家の平野啓一郎さん(40)がTwitterで、疑問を呈した。
2020年東京オリンピックのメーン会場となる、新国立競技場の設計案をめぐる問題について、下村博文文科相は22日、槇文彦さんらが提案した代案について検討していることを閣議後の会見で明らかにした。
真国立競技場計画を急ぎ検討してみようと思います。