tokyoorinpikku-2020

以前にもハフィントンポストにおいて取り上げたハラールだが、マスコミに取り上げられる機会が増えるなど一段と関心が高まっている。都道府県議会においても、ハラールは私が昨年6月に質問して以来、議論されるのは千葉県だけだったのが、他の議会でも取り上げられるようになった。
2020年夏季オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の建設をめぐり、「費用がかかりすぎる」として政府が東京都に費用の一部負担を求める可能性も出てきた。これに対し東京都の猪瀬知事は「規模維持したまま、費用は圧縮が可能だ。都に負担を求める必要は全くない」と反論。国と都の意見が対立している。
近所の店にご飯を食べに行くと、顔馴染みの店主から「消費税、どうすればいいんですかねえ」と相談されました。来年4月から消費税が8%に引き上げられることが決まりましたが、それに合わせて680円の定食を700円に値上げできるかどうか悩んでいるのです。
森ビルが設立した森記念財団は10月16日、2013年度版の「世界の都市総合力ランキング」を発表した。東京は2008年の調査開始から6年連続で4位。1~3位は2012年と同じく...
2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競技場についてにわかに注目が集まっている。これまでは開催そのものが不確実だったため、競技場に対してあまり関心が寄せられてこなかったが、いざ開催が決まるや、あまりに巨大で斬新なデザインに賛否両論が一気に噴出しているのだ。
私はつねづね、日本は世界の課題解決国家になるべきだと主張してきました。なぜなら、課題に対する答え(ソリューション)を有している者こそ、周りから価値を認められるからです。このことは国家であっても企業あるいは個人であっても同じだと思います。
2020年東京オリンピック・パラリンピックの成功には、ネットを利用しての情報受発信が不可欠である。しかし、単に受発信すればよいというわけではなく、使い勝手・多言語対応・アクセシビリティなどに配慮が求められる。
2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことを世界中が報道しているが、中国メディアの批判は、どこかズレているようだ。内容を紹介する。
国土交通省は9月11日、7年後の東京オリンピック開催を見据え、多くの外国人観光客が訪れる観光地を中心に、道路案内標識の英語表記を、外国人旅行者にも分かりやすいよう改善すると発表した…
くはスポーツ観戦にそんなに興味が持てない方なので、どこか他人事のようにこの週末のニュースを見つめていた。だけどふと、メディアの未来を考える者としては、2020年のメディア環境を想像するいい機会だと気づいたよ。
2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに変化が生じつつある。オリンピック開催のメリットとしてまず話題に上るのが経済波及効果である…
2020年夏季五輪の東京開催が決まったことを受け、カヌー(スラローム)競技会場の建設予定地、葛西臨海公園(東京都江戸川区)について、環境影響を懸念している「日本野鳥の会」(品川区)が計画の見直しを求める声明を発表した…
9月8日、2020年の夏季オリンピック開催地が東京に決まった。このオリンピックのメイン会場となる「新国立競技場」は2018年度に完成予定だ。
オリンピックという黒船を使い、「とにかく2020年までにむっちゃ良い国にしようぜ」とテンション上げて取り組めれば、それはもう東京オリンピックじゃなくて、「日本オリンピック」にすることができるのではないでしょうか。
2020年夏季五輪の開催都市を決定する国際オリンピック委員会(IOC)総会まであと3日に迫った。IOCに詳しい専門家が9月4日夜、ハフィントンポストに語ったところによると、スペインの首都・マドリードが開催地に選ばれる方向になりつつあるという...