tokyoorinpikku

国内外で渦巻くオリンピック開催の賛否。弁護士のライアン・ゴールドスティンさんが、法律家の観点から世界的なパンデミックが東京オリンピックにどのような影響を与えるか、コロナ禍におけるスポーツ関連訴訟の傾向を交えて解説します。
東京都はパブリックビューイングの目的を「都民や国民の共感を得て、大会を成功させること」としていますが…
国内ではこれまでも、東京オリンピック・パラリンピック開催に反対する声が高まっていた。
丸山貢一論説主幹はハフポスト日本版に対して「ここ1、2カ月の間、論説委員の中で議論し、開催が迫ったいまのタイミングで出すべきだと判断した」と説明した。
「緊急事態宣言下で、複数の競技のテスト大会が成功した。アスリートや日本の人々の安全や安心を守るために設定した全ての計画は、最悪の事態を想定したもの」
長田准執行役員「現在、医療の不安からだと思いますけれども、国民の一部の方の不満がアスリートの皆さんに向けられている状況、ここについてはスポンサーとして大変本当に心を痛めております」
両方の発言が報じられましたが、大坂選手の心にあるのは、開催国の人々の安心と安全です。
オリンピックまであと10週。開催できるのか、しないのか。「ボッタクリ男爵」「日本ならできる」揺れる日本の現状を世界各国が報道している
SNSで「非常に心を痛めたメッセージ」もあったとして、「選手個人に当てるのはとても苦しいです」と胸中を明かした。