tokyoorinpikku

長田准執行役員「現在、医療の不安からだと思いますけれども、国民の一部の方の不満がアスリートの皆さんに向けられている状況、ここについてはスポンサーとして大変本当に心を痛めております」
両方の発言が報じられましたが、大坂選手の心にあるのは、開催国の人々の安心と安全です。
オリンピックまであと10週。開催できるのか、しないのか。「ボッタクリ男爵」「日本ならできる」揺れる日本の現状を世界各国が報道している
SNSで「非常に心を痛めたメッセージ」もあったとして、「選手個人に当てるのはとても苦しいです」と胸中を明かした。
出欠について、都教委は「校長が判断」とした上で、「子どもたちの不利益にならないような方向で対応してほしい」と呼びかけている
やめた方がいいとわかっているのに、誰もやめると言い出せない。決断できない。この状況を戦争にたとえる人は多いが、頭に浮かぶのは、太平洋戦争でもっとも無謀と言われる作戦「インパール作戦」だ。
宣言期間をめぐって、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が来日する5月17日をさけたのではないかという指摘が上がっている。
バイデン大統領は回答を終えると、視線を菅首相の方に移したが、菅首相は答えず「じゃあ日本側から」と話して共同通信の記者を指名した。