tokyoorinpikku

もし東京が選ばれなかったなら(直近の報道でマドリード優勢というものもあるようだし)、それは福島のことが不安要素となったせいなのかもしれないから、それはそれでまた残念なことだ。しかしもしそうだとしても、前向きに考えたい。
2020年夏季五輪の開催都市を決定する国際オリンピック委員会(IOC)総会まであと3日に迫った。IOCに詳しい専門家が9月4日夜、ハフィントンポストに語ったところによると、スペインの首都・マドリードが開催地に選ばれる方向になりつつあるという...
現在の日本の累積債務の山は、東京オリンピックの後始末がスタート地点になっている。国家の体力を無視したオリンピック関連のインフラ整備が国家破綻のきっかけになったギリシャの例など、オリンピックと国家財政の関係は深い…。
オンラインでの賭けデータを集めているサイト(oddschecker.com)によると、開催地として予想されているのは、東京が45%となっている。
日本陸連の会長を退任したオヤジが国際陸連からモスクワの世界陸上に招待されたため、免疫抑制剤と鞄を持って同行することになりました。(予備の肝臓を持っていくわけではありません!)国際陸連のディアック会長やハンガリーのシュミット前大統領等、オリンピック招致に関与するIOCメンバーとの「意見交換」が主な目的です。
陸上男子ハンマー投げの室伏広治選手(ミズノ)が昨年8月のロンドン五輪の際に行われた国際オリンピック委員会(IOC)選手委員選挙で選挙違反により当選無効とされた問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS、本部スイス)は22日、日本オリンピック委員会(JOC)と室伏選手がIOCの決定取り消しを求めた訴えを却下する裁定を下した...