tokyotochiji

昨日の都知事定例会見における、小池百合子都知事の「AI発言」が波紋を呼んでいます。
東京・築地市場の豊洲移転問題で、東京都の小池百合子知事は5月20日、豊洲移転を正式に表明した。一方で、計画では「築地は守る・豊洲を活かす」とのスローガンを掲げて築地市場の跡地の売却を見直し、5年後を目処に再開発する。
築地市場の豊洲移転問題で、東京都の小池百合子知事は6月17日、築地市場を訪問し、市場業者らと面会した。小池知事は豊洲市場の地下水から環境基準値を超す濃度の有害物質が検出されている現状について、「無害化」の約束を守れていないとして謝罪した。
議会が知事の予算案に納得できない場合、議会側にはいったいどんなことができるのでしょうか?
「みんなで決めたことじゃないですか」
そもそも土壌汚染の問題がある工場跡地に生鮮食品を扱う市場を移転させようとしたこと自体が適切だったのか。
会場変更が行われなかったにもかかわらず、対案をぶつけて真剣な検討を行った結果、最低でも400億円(3割弱)の建設予算がカットできることになりました。
「小池劇場」を演じることで、世論の大きな支持を得てきた小池氏だが、ここに来て、状況が徐々に変わりつつあることに気付いていないようだ。
情報共有が不徹底であり、議会答弁や市場関係者への報告において虚偽説明を繰り返してきた責任を免れることはできません。