tokyotogisen-tohyoritsu

自民党と公明党の楽な状況を支えているのは、他党の選挙戦略の不味さである。票読みも満足にできない新党にとって、候補者擁立戦略や選挙協力などの交渉が難しいのは致し方ないことだが、結果的に、ふたたび、漁夫の利を与えてしまったのだから、支持者、投票者の利益を蔑ろにしたと言ってもよいだろう。
2009年の前回選挙で過半数割れに追い込まれた自民、公明両党が、どこまで議席を回復できるが鍵。民主党は第一党の座の死守を目指し、日本維新の会は結果次第で辞任する可能性を示唆した橋下徹・共同代表の去就に注目が集まっている。